脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症とは

従来は高脂血症と言われていました。
悪玉コレステロールであるLDLコレステロールや、中性脂肪が多い。または善玉コレステロールであるHDLコレステロールが少ない状態です。

脂質異常症の診断基準

LDLコレステロール値 140mg/dL 以上

トリグリセライド値   150mg/dL 以上

HDLコレステロール値 40mg/dL 以下

脂質異常症の原因

運動不足や偏った食事、肥満など生活習慣が影響しています。

遺伝子の異常により、異常にLDLコレステロールや中性脂肪が高くなる、家族性高コレステロール血症もあります。

糖尿病やその他の内分泌疾患が関係していることもあります。

脂質異常症の症状

自覚症状はありませんが、皮膚に特徴的な黄色腫が生じたり、眼球に角膜輪という白い輪が生じたりすることがあります。

放置していると、動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞、脳卒中を引き起こす危険性があります。

脂質異常症の治療

運動している人の ペイレス挿入をお願いします脂質異常症の治療

生活習慣の改善が基本です。バランスのとれた食事、適度な運動を行いましょう。
患者さんに合わせて、薬物治療を行います。

クリニックBLOG